<< カンボジア等への旅 | main | 大腸ポリープの切除 >>
徒然287.アイス・カチャン

アイス・カチャン


 アイス・カチャンとは、南国の「かき氷」である。日本の「かき氷」とは、全く別物といってよい。「カチャン」とは、マレー語で「豆」を意味するとおり、かき氷の中に、ピーナツ、小豆その他もろもろの豆が入っているし、それから赤色、緑色、黄色、乳白色の柔らかい丸いもの・・・たぶんヤシのでん粉から作ったものだと思うが・・・そういう派手派手しいものも入っている。さらに、緑色のゼリーやコーヒー・ゼリーのような四角いものまである。その全体に、赤やら緑色のシロップや、コンデンスミルクなどが振りかけられている。最後のトッピングとして、この写真では、アイス・クリームが乗っている。

 初めてマレーシアに行ったとき、レストランのデザートとして見かけ、一体これは何だと思った。興味を持たなくもなかったが、そのあまりに派手な外観に警戒感を催し、こういう国で氷を口にするのは食あたりの原因になるかもしれないと、手が出なかった。ところが、しばらく住んでみると、皆おいしそうに食べているし、食あたりをしたという話を聞いたことがない。では、自分が入ったレイク・クラブのものは信じられるだろうと、それからこの社交クラブのアイス・カチャンを食べだした。

 すると、これがまた絶品で、トッピングにコーンが乗っているし、黒糖が掛けられていたり、中にマンゴーが入っているものもあり、それが美味しいのなんのって、すぐに虜になった。ただ、これは量が多い。急いで食べたりすると、日本のかき氷と同じで、頭の芯が痛くなる。だから、家内と二人で両側からつついて食べ崩すのがちょうど良い。そういうわけで、これが暑い熱帯の国で我々が暮らす楽しみの一つとなった。

 ところで今回、カンボジアでの仕事の帰りにマレーシアに立ち寄ったとき、泊まっているホテルのメニューの中に、そのアイス・カチャンを見つけた。あまりの懐かしさに、胸が一杯になった。このホテルなら、氷を食べても問題がないだろうと思い、ためらいなく注文した。かなり待たされた末、ようやく持ってきてもらったのが、冒頭の写真のアイス・カチャンである。カラフルな外観は、私の記憶のままである。スプーンを使って食べ始めると、誠に美味しい。どんどん食べていくと、現れる豆がピーナッツから小豆に変わったり、緑色のゼリー(チェンドル)が出てきたり、甘いシロップがいつの間にか黒糖味になったりと、その味や外観の千変万化の具合を楽しめた。しかも、ぬるいお湯も一緒に持ってきてくれたので、頭が痛くならなかった。なかなか、気が利いている。

 今回は仕事なので一人で来ざるを得なかったが、できれば、家内と一緒にこれを両側からつついて食べたかった。




(2016年2月11日記)


カテゴリ:徒然の記 | 12:43 | - | - | - |