<< タイ・フェスティバル 2015年 | main | 新潟の風景と佐渡の珍味 >>
徒然284.箱根・山のホテルつつじ祭り

003.jpg


 箱根の芦ノ湖畔に、山のホテル(小田急系)があり、そこの庭園でつつし・しゃくなげフェアが行われて観光客を惹きつけている。つまり、ちょうど躑躅と石楠花が満開なのだが、それと背景の富士山が同時に見られて、何とも美しい風景なのである。また、反対方向に目を転ずれば、ホテルの建物とともに芦ノ湖を一望することもできて、これまた美しい。躑躅は人の背丈以上にもなって、こんもりとしているし、石楠花も木の丈いっぱいに花を咲かせている。これは別格の庭園だと思ったら、それもそのはずで、岩崎家の別邸だったところで、明治の頃イギリスから苗を取り寄せたという。ホテルだけでなく庭園自体も、最近、改修されて歩き回りやすくなった。

 さて、また富士山と躑躅に話を戻すと、赤、白、ピンク、紫などの躑躅のこんもりとした木々に背景に白い雪を被った頂を見せる富士山は、何回見ても素晴らしい。加えて、視界の左手にある三本の木がまた、風景全体にアクセントを添えている。また、庭園の右奥に上がっていくと、たくさんの石楠花の木があって、これまた白、ピンク、紫などの花を咲かせている。それらに目を奪われていると、どこからか「ホーホケキョ」と鶯の鳴き声がして、何とも風情がある。しばし滞在し、お昼は和食処で食事を済ませた。それから、芦ノ湖畔の散策道を元箱根の方向へと歩いて行った。新緑の季節なので緑がまぶしいくらいである。箱根神社あたりで湖の方を見ると、遊覧船、特に海賊船が大忙しで、着いたと思ったらもう乗客を乗せて元来た航路を戻っていった。湖畔の料理屋兼休み処に入ると、お客の半分以上は欧米系の外国人で溢れ返っていた。でも、店員さんが片言の英語でちゃんと対応している。日本も、なかなか捨てたものではない。



















 山のホテルつつじ祭り(写 真)




(2015年5月17日記)


カテゴリ:徒然の記 | 23:53 | - | - | - |