<< 徒然267.インフルエンザ | main | 孫娘ちゃんの誕生 >>
徒然268.フニクリ・フニクラ


 赤い火を噴くあの山へ 登ろう登ろう
  そこは地獄の釜の中 のぞこうのぞこう
  登山電車ができたので 誰でも登れる
  流れる煙は招くよ みんなをみんなを
  行こう行こう 火の山へ
  行こう行こう 山の上
  フニクリフニクラ フニクリフニクラ
  誰も乗る フニクリフニクラ
  行こう行こう 火の山へ
  行こう行こう 山の上
  フニクリフニクラ フニクリフニクラ
  誰も乗る フニクリフニクラ


 暗い夜空に赤々と 見えるよ見えるよ
  あれは火の山ベスビアス 火の山火の山
  登山電車が降りてくる ふもとへふもとへ
  燃える焔は空に映え 輝く輝く
  行こう行こう 火の山へ
  行こう行こう 山の上
  フニクリフニクラ フニクリフニクラ
  誰も乗る フニクリフニクラ
  行こう行こう 火の山へ
  行こう行こう 山の上
  フニクリフニクラ フニクリフニクラ
  誰も乗る フニクリフニクラ


             訳詞: 清野 協、 青木 爽
             作曲: ルイジ・デンツァ


 ウチの初孫ちゃん、ディズニーシーに何回か行ったことから、あそこのプロメテウス火山が大のお気に入りで、誰にでもその話をする。ねえ、プロメテウス火山って知ってる?ドドドーって、爆発するんだよー」と、爪先立ちして両手を一杯に伸ばして爆発の様を見せ、ついでに口を大きく開けてドドーンとやるから面白い。

 そんなに火山が好きなら、何か歌がなかったかなと考えて思いついたのが、フニクリ・フニクラだ。ウチの子供が小さい頃からあった歌だったなぁと思いながら歌詞を諳んじてみたら、意外と簡単に出て来た。念のため、ネットで調べてみると、ほぼあっている。これだこれだと思い、初孫ちゃんに歌ってみたら、あっさり「変なの!」と言われてしまった。これはいかん、誰かプロが歌っているビデオはないかと思ってYouTubeで検索したところ、面白いビデオを見つけた。それが冒頭のビデオである。

 このビデオを含めてこの歌にまつわる話をいろいろと集めてみると、面白いことが分かった。そもそもここに歌われた火山は、イタリア半島の西側にある風光明媚なナポリ湾の東9kmに位置するヴェスヴィオス火山のことである。ヴェスヴィオス火山といえば、紀元79年の大噴火で、その麓にあった古代ローマの町ポンペイを火砕流で焼き尽くし、埋めてしまったことで世界的に知られている。ヴェスヴィオス火山はその後何回も噴火を繰り返してきたが、今日までイタリア市民にこよなく愛され、親しまれて来た火山だという。

 そして、19世紀末には、この火山を見物するために、麓から火口までをつなぐ登山鉄道まで出来たそうな。どんな鉄道かは、このビデオに出て来る。東京近辺なら、ちょうど大山のケーブルカーのようなものだ。ところがこの鉄道、開業当初は客がいなくて閑古鳥が鳴いていたそうだ。そこでこの鉄道の完成を祝し、合わせて宣伝するために、作曲家ルイジ・デンツァが1880年に作ったのがこの曲というわけだ。一説には、世界で初めて作られたCMソングだという。そういうわけで、この登山鉄道は評判となり、大繁盛したそうな。ところがそれで話をおしまいにしてくれないのがヴェスヴィオス火山の怖いところ。この登山鉄道は、1944年の大噴火で焼けてしまったそうだ。それ以来、再建されていない。しかし、この歌だけは人々の記憶に残り、未だに歌い継がれているという。ただ、原語の歌の意味は、日本語の歌詞とは似ても似つかないもので、意中の女性に愛を告白するというもの。さすがにイタリアらしい。

 色々なエピソードがさりげなく入れられているこのビデオ、歌っているのが由緒正しきテノール歌手の福井敬さんで、実に良い声だ。イタリア語なのに、日本語の「山」に聞こえる部分があるから、これまた不思議である。調べてみると、ナポリ語の「Jammo」を歌う部分である。初孫ちゃんは、じーっとこれを聴いていたが、特に何も言わなかった。しかしその直後に二人で手を繋いで外出したとき、ヤンマ、ヤンマ、ヤンマ」と調子よくつぶやいていたのには、思わず笑ってしまった。




(2013年 2月16日記)


カテゴリ:徒然の記 | 10:03 | - | - | - |