<< 火山ブログが噴火 | main | 徒然216.宇宙が3次元で誕生する仕組み >>
iPhone4Sを購入

 12月10日、ついに私もiPhone4Sホワイトを買ってしまった。それまで使っていたiPhone4は、家内に進呈した。というのは、ソフトバンクがiPhone家族無料キャンペーンというのをやっていて、iPhone4からiPhone4Sへ機種変更し、従来使っていたiPhone4を家族がそのまま使う場合、100MBまで無料、最大月4980円の定額になるというのである。その代わり、従来から家内が使っていた電話番号は使えなくなる。これが難点ではあるが、iPhone4を使うチャンスだと言って、家内に頼んで実現した。その代わり、家内の電話帳をiPhone4に打ち込み、同時に家族に対して変更のお知らせメールを送るというお仕事を仰せつかったが、これくらいはお安いご用で朝飯前とばかりに、嬉々として処理した。

 ソフトバンクのショップに行ったところ、さほど待たずに応対してくれて、パソコンを通じて手続きをしていただいた。iPhone4Sの在庫があるかどうか確認するというので、見てもらったところ、64ギガのホワイトならあった。そこで、すぐその場で入手することができた。ところが、家に帰って気づいたことは、iTunesによるバックアップを前々日に行っていたものの、昨日にも少し変更を加えているので、それを復元できないのは困るということで、試しにiCloudによる復元を試みることにした。

 それでiCloudによる復元を開始したのだが、これがまたスピードが遅くて遅くて、午後2時から翌日明け方の午前5時頃までかかってしまった。たった3ギガ程度なのに、どうしたことだと思った。全世界からアップルのデータセンターにアクセスが集中しているのが原因なのかとも考えるが、詳しいことはわからない。でも、ともあれ復元が終わったので、確認してみたところ、アプリのデータを始めその並び方まで、完全に元通りとなっていた。それは良いのだが、音楽データやビデオのデータはiCloudによるバックアップの対象外である。これらは、iTunesから復元した。

 早速、iPhone4Sを使ってみた。反応は早いし、特段の問題はない。今まで使っていたカバーもそのまま使える。強いて言えば、バッテリーの減り方が尋常ではないほどの早さであるが、暇になったらアプリの設定を再検討してみようと思う。オペレーション・システムとしては、iOS5を使ってきたからiPhone4Sのほとんどの機能を知っているが、Siriだけは出来なかった。そこで試してみたら、まあちゃんと反応してくれて、こちらの言うこともわかるようだ。ただ、時々「I don't quite understand what you said.」などと言われるのが口惜しい。特に「quite」なんて言われるよりは、「もっと正しい発音でしゃべってください」と言われた方が、マシかもしれない。まあ、それはともかく、毎日、この人口知能と妙な英語の会話を楽しんでいる。来年には、日本語版を出すとマイクロソフトの幹部がテレビで語っていたから、とても待ち遠しい。そうなったら、面白い会話をして、皆さんにも紹介したいと思っている。来年は、期待の持てる年になりそうだ。



(2011年12月18日追記)


カテゴリ:エッセイ | 22:52 | - | - | - |