<< 徒然201.下町 谷根千の花々 | main | 徒然203.放射能汚染地図 >>
徒然202.堀切菖蒲園

堀切菖蒲園の花菖蒲


 家内と話をしていて、「そういえば、堀切菖蒲園というのがあったわね。行ったことあるかしら」、「いやいや、灯台下暗しで、案外近いはずだけれど、まだ行ったことはないんじゃないか」というやりとりがあり、6月の土曜日の午後、それを思い出して現地へ出かけてみた。千代田線に乗って町田で京成電車に乗り換え、その名もまさに「堀切菖蒲園駅」というところで降りて、10分ほど歩くと、堀切菖蒲園に着いた。家から何と30分もかからないで着いてしまった。こんなに近いとは思わなかった。

堀切菖蒲園に行く道すがらの紫陽花


堀切菖蒲園に行く道すがらの紫陽花


 ところで、その堀切菖蒲園駅から菖蒲園に行く道すがら、いかにも川を暗渠にしたような曲がりくねった道を通ったのであるが、その道沿いに、素晴らしい紫陽花がたくさん植えられていた。しっとりとした梅雨空の下で、思い思いに咲く色とりどりの紫陽花がこれまた美しくて、途中でかなりその写真を撮った。また、紫陽花だけでなく、七変化の花に蜜を吸いに来た揚羽蝶も写真に収めることが出来て、うれしくなった。これでは花菖蒲というより、紫陽花や蝶を撮りに来たようなものだと思ったりした。

堀切菖蒲園に行く道すがらの紫陽花


七変化の花に蜜を吸いに来た揚羽蝶


 それやこれやで、堀切菖蒲園に着いたのであるが、さほど大きくない敷地ではあるが、200種6000株もの花菖蒲が植えられていて、なかなか壮観である。しかも、ひとつひとつに名前の札が付けられていて、これはわかりやすい。たとえば、「初霜」、「神代の昔」、「浦安の舞」、「日の出鶴」、「武蔵川」、「十二単衣」、「酔美人」といったところである。その名前と、咲いている花菖蒲と見比べて、風雅な名を付けたものだとか、「潮来」にいたってはわかりすぎる名前だと思ったり、「虎嘯」虎が嘯くとは何の意味だとか、花はそっちのけで、名前の謎解きを始める始末で、面白い名前を付けるのも、善し悪しである。

堀切菖蒲園の花菖蒲


 葛飾区の名所にもなっていて、その説明によれば「堀切の花菖蒲は江戸名所の一つとして古くから知られており、その景観は安藤広重や歌川豊国らの錦絵の題材にもなりました。菖蒲園は文化年間(1804〜1817)当地の農民、伊左衛門によって栽培されたのが始まりと伝えられ、花の種類も約2百種6千株に及びます。江戸時代の有様をしのびながら、数多くの江戸花菖蒲を鑑賞できるのが本園の特色の一つです。花の見頃は、6月中旬で、特に早朝や雨の日にしっとりとぬれた花菖蒲は情緒のあるものです」ということである。なお、園の前からは、同じく葛飾区の公園で、やはり花菖蒲が見事な水元公園へと行くバスが出ている。土日のみの運行らしい。

堀切菖蒲園の花菖蒲


 さて、見終わった後、そこから再び堀切菖蒲園駅に戻り、町屋で千代田線に乗り換えようとしたところ、都電が走っていて、そこに薔薇が植えられていたのに気がついた。そういえば、都電の沿線には、たくさんの薔薇が評判になっていると聞いたが、これかと思い、その写真も撮ってみた。もう終わりかけだが、種類としては、プリンス・ドゥ・モナコ、ピース、聖火など、なかなか良い薔薇があった。

町屋の薔薇


 なお、その日、私は上野に用があって、上野駅に出たのだけれど、そのとき京成電車の駅の構内で、パンダのパンを見つけてしまった。中はチョコレートのクリームで、なかなかおいしいし、かわいい。甘党は、絶対に見逃してはいけないお菓子である。

パンダのパン




(2011年 6月25日記)


カテゴリ:徒然の記 | 23:52 | - | - | - |