<< 徒然192.東京スカイツリー609m | main | 東日本大震災 [Day 2] >>
東日本大震災 [Day 1]

地震直後のオフィス


【Day 1】 2011年3月11日(金)午後2時46分、オフィスでテレビをつけて国会中継を見ているときのことだった。突然、テレビの画面に緊急地震速報が出て、ピロピローという音がし、「強い揺れが来ます」という放送があった。この速報、前回は空振りに終わり各方面からブーイングの嵐だったので、「本当かな、また空振りだと今度はオオカミ少年だといわれるな」と半信半疑でいたところ、少し横揺れを感じた。「ああ、本物だったんだ」と思った瞬間、左右にゆさゆさ大きく揺れ、次いでガタガタと衝撃を伴ってもっと強く揺れるようになって立つどころか椅子に座っているのもむずかしくなった。

 オフィスの自分の部屋の飾り棚に、大きく引き延ばした写真を入れた額を飾ってある。なかなか良く撮れたと自画自賛していて、文字通り私のご自慢の写真なのだが、ふとそれに目をやると、左右にぶらんぶらんと大きく揺れている。長方形の額の縦の一辺が90度回転して真横に向いたかと思うと、逆方向にぐるっと回ってそちらにも90度回転するというめちゃくちゃなものだ。このままだと放り出されて落ちるのは確実だ。床がひどく揺れる中だったが、それを押さえようとしてそちらに小走りに行った。

 すると、驚いたことが起こった。たまたまこの時期は仕事の繁忙期であるため、私は自分の席の脇に1メートル余りの法律の書類の山を積み上げてあった。それが、私の背中でダダーッという音がしたと思ったら、この地震の揺れで、私がいた座席の方へと一気に崩れて倒れかかった。その倒れてきた書類の群れに押されて、湯飲みの陶器の蓋がガッチャーンと割れた。まるで、私の身代わりみたいだった。

  同時に、部屋の周囲に備え付けてあるたくさんのロッカーの扉が意志を持ったように一斉に開き、一部からは書類が飛び出してきた。あまりに長い時間激しく揺れるものだから、船酔いをしているようで気持ちが悪くなってきた。そうこうしているうちに、「この建物、果たして大丈夫か、崩れないか」と心配になって天井や窓の梁に目をやったところ、揺れつつもそのままの姿を保っている。壊れそうな感じでもない、建物は何とか持ちこたえそうだなと思った頃に、ようやく揺れが収まってきた。そこでひと息ついていたら、また大きな揺れがひとしきりあったが、何とかそれも収束した。

地震直後のオフィス


 私は、船酔いならぬ地震酔いで気持ち悪い中、部屋から出て秘書の(昔の)お嬢さんたちの無事を確かめた後、オフィス内の様子を見回りに行った。担当者によっては机の前を鳩小屋のように囲い、どれも目の前に100冊近い法令全書が置いてあるから、それが倒れたら怪我をしかねない。それが非常に気になっていた。ところが思いがけないことに、それらは、机で押さえられているせいか、本が飛び出してきているのは、ごくわずかだった。驚いたのは、大部屋のパーティション代わりにあちこちに置いてあった書棚が、床の固定器具を引きちぎって倒れていることだった。これは、事前の触れ込みにあった耐震性ありというものとはひどい違いで、まるで羊頭狗肉の見本のようなものである。まあそれにしても、人の上に倒れかからなくてよかったと、心底ほっとする。

地震直後の図書館の本棚


 ところで本物のパーティションの方はというと、こちらは軽すぎたせいか、例外なくどれも倒れていた。そのうち最近買ったものはすべて合成板製だからよかったものの、昔買ったパーティションは、その上部にガラスがあるものだから、それが倒れたときに机の角にぶつかり、割れているものがあった。そういうことで、事務室内部は書類や本が散乱し、ガラスが割れてロッカーが倒れかかり、ひどいものだった。

 そんな物的損害にもかかわらず、幸いなことに、私のオフィスのメンバーは、誰ひとり負傷せずに、全員が無事だった。中には地震発生時にすぐにテーブルの下に潜り込んで難を逃れた人も多かったようだ。安心して今度は別の階にある図書室に向かい、ドアを開けたところ、唖然とした。こちらはさすがに本棚が倒れるということはなかったものの、本が五分の一ほど放り出されていて、足の踏み場もなかったからだ。横に長い棚の、その縦方向に揺さぶられたものと思われる。これは大変だ。本を一冊一冊確認して、元の場所に戻す必要があるので、復旧に相当の時間がかかりそうだ。

 オフィス内の確認が終わり、ほっとする間もなく、家族に電話したが、何回やっても、まったく繋がらない。あとから聞くと、通話制限は通常の8割カットだったということで、こういう場合は電話は使えないことがよくわかった。ところが娘によると、揺れている最中に自宅に電話したら、来てもらってるシッターさんが出てきて子供は寝ていることがわかり、まずは安心したものの、すぐにプチッと電話が切れたという。だけど、あの揺れているときに電話するなんて、なかなか思いつかないし、またそういうタイミングでもないと、電話は通じないということだろう。

 それでは代わりにメールで連絡しようとしたが、SMSは電話会社のシステムを使っているせいか、こちらも、なかなか出せなかった。かろうじて、インターネット経由の普通のGメールは、モバイルのWifiを使って発信できた。しかしこの手も、あとから送付した家内に聞くと、発信したうちの半分以下しか着かなかった。だから、相手がスマートフォンで同様にWifi端末を持っている場合ならともかく、相手が普通の電話回線だと、こちらから出すメールに一連番号でも付けておくべきだったと思った。

 それでもなんとか家内とメールで連絡がとれ、それによると日本橋のデパートにいるという。家内曰く「中は停電もなく、暖かいし、店員もお茶やお菓子を持ってきてくれるし椅子を勧めてくれて親切です。トイレもあるし、地下に行くと、お弁当やお総菜もあるから、避難場所としては最適なので、私のことは心配しないでお仕事してください」などと殊勝なことを言っている。近くの知らないおばさんと、お総菜をお互いに交換して談笑していたとのこと。暢気なものだが、こういう場合はその方がよい。いずれにせよ、無事でよかった。そのうち、地下鉄の運行が再開した頃、何事もなく家に帰ってきた。息子も、オフィスで仕事中に地震に遭ったが大丈夫であることがわかった。一方、私はいつものようにオフィスから車で自宅に帰った。道路は渋滞していて、普通なら20〜30分で帰れるところだが、約2時間もかけてやっと帰り着いた。途中、徒歩で帰る人を大勢見かけた。いわゆる帰宅困難者の皆さんらしい。私のような年令では、途中で倒れてしまって、帰り着けないだろう。車でよかった。

 自宅のマンションに帰ってみると、エレベーターが止まっていたので、10階まで階段を登った。自室のドアを開けて中を点検すると、家具には転倒防止の対策がしてあったせいか、倒れたのは調味料のボトルぐらいだった。電気は使えるし、水道も問題なかった。でも、ガスが出ない。これはどうしたものかと思って東京ガスのホームページを見たところ、「地震でガスメーターが働き、ガスの供給が停止した家庭へ」というビデオがあった。それを見て、ガスメーターの復帰操作(リセットのようなもの)をすると、簡単にガスが出るようになった。地震があると自動的にガス供給を停止するようで、これが今回はじめて経験したことだ。ちなみにその復帰操作というのは、単に黒いキャップを外してボタンを押すだけのもので、簡単なものでよかった。操作の手順は、別にホームページを見なくとも、そのガスメーターの脇にぶら下げてあった。

 一息ついたので、今回の災害の模様をまとめてみた。気象庁は、この地震は三陸沖を震源とする国内観測史上最大の巨大地震だとし、震源の深さは約10キロメートル、マグニチュードは8・8と発表した。その後も大きな余震が絶え間なく続いているから、とても不安になる。今回の地震では、三陸沖から茨城県沖に至るまでの三つか四つの大きな震源域が一度に連動して、海底の岩盤を北から南へと広範囲に破壊したと考えられている。

 それだけでも史上稀に見る大災難なのに、それに加えて三陸海岸各地には、高さ10〜18メートルの、かつて経験したことのない大津波が押し寄せてきた。あたりに見えるすべてのもの、駅だろうが、ビルだろうが、家屋や自動車、それと呆然と立ちすくんでいる人、逃げる途中の人など地上の全部の物体や人々を一気に飲み込んで押し流して行った。その大津波がいったんは引いたものの、すぐに第二波、第三波と数次にわたって続き、すべてのものが流された。

 残されたのは、ただ瓦礫の山である。ひとつの町全体がすべて壊滅状態になったところもある。気仙沼市などでは、海岸に設置してあったタンクが津波で流され、その中の重油が漏れ出て火がつき、また海水につかった自動車からも発火した模様で、市街地で大火が起きて夜になっても延々と燃えている。仙台駅では、新幹線が脱線した。仙台空港は、津波でその大部分が水没していて、ターミナルビルに多くの人が取り残されている。東北地方だけでなく、千葉県市原市では、石油コンビナートで火災が発生し、タンクなどが爆発し、延焼中である。

 この大地震と津波の災害に対処するため、政府は緊急災害対策本部を設置した。また11日夜になり、福島第一原子力発電所第二号機について、原子炉内の水位低下が認められるとして半径3キロ以内の住民約6000人を避難させるよう福島県、大熊町、双葉町に指示を行った。また、岩手、宮城、福島の三県からの災害派遣要請を受けて、自衛隊が出動し、救援活動にあたっている。気象庁は今回の地震を「東北地方太平洋沖地震」と命名したという。しかし、マスコミは、東日本大震災、東北関東大震災など、いろいろな名称を付けている。

 テレビで東北地方の大惨状を見るに付け、これは阪神大震災以上の大災害だとわかってきた。それだけでなく、阪神のときにはなかった津波による大きな被害がある。午後3時半すぎから波状的に被災地を襲った大きな津波がテレビのスクリーンに映し出された。高い津波が湾内に入ってきて、防波堤を軽々と越え、漁船やタンカーを陸に押し揚げ、家々を襲い、車をさらい、木々を押し倒し、粉々にしたすべてのものをもの凄い勢いで押し流している。数万人の住民が住む地域が津波で一気にもっていかれたところもあるようだ。夜になり、発生した火災があたり一面に広がっている地域もある。もう、声が出せないほどの本当に悲惨な状況だ。今日の私たち東京に住んでいる者の経験など、まるで取るに足らないものであることがよくわかった。今回の地震のマグニチュードは、8.8にもなり、観測史上最大のものらしい。明日はどうなるか、まあ取り合えず、今日のところは寝ておいて、明日に備えよう。



(2011年 3月11日記)




カテゴリ:エッセイ | 23:06 | - | - | - |